僕とドラムと音楽と

僕とドラムと音楽と

ドラム、音楽の超入門サイト。音楽CDレビュー、ミュージシャンの話、役に立つ音楽の話もしていきます。

左利き・オープンハンドのドラマーまとめ

Ian Paice (イアン・ペイス)

左利き、左用セット

ディープ・パープルのドラマー。普通のセットより左右を逆にセッティングしてある左用セットで、手をクロスさせて叩いています。

イアン・ペイスの得意技がこの高速シングルストローク。粒のきめ細かさが凄すぎ。

ディープ・パープルの代表曲『BURN』でも、曲の合間合間に高速シングルストロークが炸裂しています。

 

Ringo Starr (リンゴ・スター)

左利き、右用セット、クロスハンド

もう言うまでもないですね、言わずと知れたビートルズのドラマーです。

(フロントマンが目立ちすぎてドラムが多く映っている動画が見つからない...)

右利きドラマーと同じ要領で叩いてますが、実は左利き。左利きだからこそビートルズ独特のフレーズが生まれたのでしょう。

ちなみにポール・マッカートニーも左利きです。

 

Simon Phillips (サイモン・フィリップス)

(おそらく)左利き、右用セット、オープンハンド

途中加入したTOTOのドラマーとして一躍有名になりました。日本では上原ひろみとの活動で知られています。

オープンハンドなのは一目瞭然なんだけども...いかんせん利き手がどっちなのか分からない笑。ネット検索でさんざん調べ尽したんですが、一向に情報が見つからないんですよ。

右利きでオープンハンドを使う人は珍しいですし、おそらく左利きということにしておきます。

高い技術力と独特のドラミングが演奏の特徴。巨大タムが並べられた個性的なセッティングも気になるところですが、こちらも情報が乏しいのが残念... 

 

刄田綴色

左利き、右用セット、オープンハンド

(演奏は6:28~)著作権の関係で音源が無く、ドラムパートのみになりますが...

東京事変のメンバーとして活躍したドラマー。東京事変解散後の現在は地元に帰ってるようです。

まずセッティングがおもしろい。オープンハンドなので、ライドシンバルは左手側に置き、更にハイハットの横にフロアタムをもうひとつ。左手側にたくさん置いてるセットです。

ゴーストノートをまんべんなく散りばめた演奏で、ロックバンドとしては比較的手数の多いドラマーですね。個人的には「群青日和」の青年らしく巧みな演奏が一番気に入っています。

 

そうる透

左利き、右用セット、クロスハンド

大量のタムとシンバル類を使いこなす優しそうなおじさん。

リンゴ・スターと同じく、左利きなのにセットやフォームはスタンダードな右利き用に合わせています。

一応クロスハンドがメインっぽいですが、場合によってはオープンハンドも使っています。

音の綺麗さ丁寧さ、音色のバリエーション、手数の多さが天下一品。どのジャンルも叩けるので、多数のミュージシャンの収録、サポートに参加してきました。

また、若手ドラマーの育成にも熱心な人で...クリニックや教則DVDの販売も行っています。LUNA SEAの真矢もその弟子にあたるそう。

 

茂木欣一

右利き、右用セット、オープンハンド

東京スカパラのドラマー、兼ボーカリスト。愛称は「欣ちゃん」。

この人はちょっと変わった人で笑....なんと右利きなのに、クロスして叩くということを知らずにオープンハンドで練習を続けてきたそうです笑。

フォームやフレーズも変わってて、スネアとバスドラを一緒に鳴らしてみたり、スティックを押し付けてみたり...

セッティングも刄田綴色と同じく、シンバル類を左手側に多く置いています。

 

まとめ・左利きドラマーはいろいろと大変

セッティングを考え直す必要がある、演奏スタイルを変える必要がある、そして参考になる人が少なすぎる。

いろいろと不便というか、面倒なこと多いですよね。

 

ただ、右利きで凝ったセットが好きな僕にとっては、ちょっと羨ましかったりします。

セッティングやフレーズを考えるとき、ちょっと変わったことができて楽しそうですから笑。

 

ま、どちらが不利だとか有利だとかいう話はありませんから

左利きということにコンプレックスがある人も、安心して練習に取り組んでほしいです。

 

おしまい。