初心者のためのドラム大百科

僕とドラムと音楽と

ドラム、音楽の超入門サイト。音楽CDレビュー、ミュージシャンの話、役に立つ音楽の話もしていきます。

くるりの元ドラマー「クリストファー・マグワイア」は本当に不思議なドラマーだと思う

f:id:pump9015:20170617172557j:plain

 

2003年11月、くるり加入。

2003年夏、くるりのサポートをしていたクリス。

4thアルバム「THE WORLD IS MINE」の、「GO BACK CHINA」に衝撃を受けて加入を決意したんだとか。

 

ネット検索もしてみたんですが、なかなか情報が見つからないんですよね。

本当に謎多いというか。くるり以外に在籍していたバンドも、クリスの現在も聞いたことないですし。

 

ただ、ドラムの腕前は一級です。

岸田も「クリスが入ってからライブの質がぐっと上がった」とどこかのインタビューで答えていました。

 

 

自身のドラム演奏に誇りを持ち、「ドラマー」ではなく「ドラムセットプレーヤー」と呼んでいる。

(Wikipediaより引用)

こだわりもちょっと変わってますね笑

 

打ち込みのように、タイトでクールなドラム

ダンスミュージックの色が強い、くるりの有名曲。

ほとんどエイトビートでドラムが目立つような曲ではないのに、なぜか「あ、ドラムいいな」って思ってしまいました。

 

バンド全体の演奏技術もありますが、何よりもクリスの安定したリズムがいい

タイトで芯のある、シンプルなのにかっこいいビートです。

静かな高揚感が癖になりますね。

 

ブレの無い刻みができるクリスは、ドラマーの理想形と言ってもいいかもしれません。

 

そのくせ、燃えたぎる炎のようなドラムもできる

ドラムの基本であるエイトビートを崩しに崩しまくってますね。

クールなドラミングとは対照的に、大きくうねる情熱的なドラミング。力強い。

 

この変わりようが僕は不思議なんですよね笑

別人みたいに変わっちゃう。「フレーズが違うから雰囲気も変わるんだ!」って感じがしなくて。

フレーズ以外にも何か変えてるんじゃないか?何を変えればこんな風に音が変わるんだ?って。

 

ちなみにこの「燃えたぎる炎のような」ってのは、僕のお気に入りの表現です。

刻みがぐわんぐわん鳴ってて、せわしなく揺れる炎みたいだなぁって思ったので。

クリスのフレージングは曲にピッタリひっついてぐにゃぐにゃにねじ曲がってますが、僕の命名はここまでしかひねれませんでした笑

 

在籍中に残した唯一のアルバム「アンテナ」

前作のアルバムに見られたハウスやテクノ、ダンスミュージックも要素は後退し、初期の頃に似たシンプルかつストレートなバンドサウンドが特徴のアルバム。岸田曰く「飽きてしまった」とのこと。

(Wikipediaより引用)

要するにロックンロール。ばりばりのロックンロール。

初期のロックよりも、一風変わった独創的なロック...っていうイメージがあります。

 

岸田繁はこのアルバムに対し、『ROCK'IN ON JAPAN』において「クリストファーのアルバムやなと思ってて」という感想を述べた。

 それだけクリスの色が強かったんでしょうね。

クリスの影響は大きかったようです。

 

し か し

 

2004年10月、クリストファー脱退。

なんとびっくりわずか11ヵ月。1年も経たずにクリスは辞めてしまうんですね。

 

クリスが参加したアルバムはたったの一枚。本当に惜しいです。もうちょっとクリスのドラムを聴きたかった。

脱退の理由は「クリスが日本に馴染めず、ストレスが溜まっていた」という話をどこかで耳にしましたが...詳しいことはわかってないようです。

岸田と音楽性の食い違いがあったのかもしれません。

 

「アンテナ」おすすめ曲

花の水鉄砲

 

ニコニコでしか、それもアニメMADでしか見つかりませんでした。

クリスの多様なドラミングが堪能できる曲です。クールな雰囲気から解放されたような盛り上がり方は鳥肌もの。

盛り上がってもメロディーは変わらない曲の構成が、個人的に大好きです。

韻を踏んだ、遊び心の多い歌詞も相まってかっこいいです。

 

ロックンロール

なんてドストレートなタイトル笑。

レギュラーグリップを使うクリスが見れます。腕をいっぱいに伸ばして頭上のシンバルを叩く姿は様になりますね。

爽やかな曲調が特徴のこのこの曲、青春っぽいところが気に入ってます。

 

HOW TO GO

MCからクリスのロックンロール愛を感じる...

長いタメと重厚感があるこの曲、クリスの力強さがよく表れています

クリスの大きな身体によく似合ってるように思いますね。

ちなみにこのHere we go! Rock ’n’ Roll!というカウント、アルバムの音源にも入っています。

 

 

 

おしまい。

お気に入りドラマーの紹介でした。