初心者のためのドラム大百科

僕とドラムと音楽と

ドラム、音楽の超入門サイト。音楽CDレビュー、ミュージシャンの話、役に立つ音楽の話もしていきます。

ドラムにおける「ヘタウマ」を考えてみる。

ヘタウマなボーカルとか、ヘタウマなギタリストってのは、かなりの数がいると思います。

スタジオミュージシャンには全然向いてないんだけど、バンド演奏は超かっこいいギタリスト。

ジミー・ペイジとか、ジョージ・ハリスンとか。ペイジ先生なんかはもう伝説ですね。

 

しかしドラマー。あれ?ヘタウマなドラマーって聞いたこと無くね?

今日はちょっとヘタウマなドラマーを探してみようと思います。

 

ドラムテクニックにおける「上手い」とは何か?

まず、テンポキープ。これが基本中の基本です。

スタジオミュージシャンには必須。これが無いとマトモに演奏できないです。

 

そして、引き出しの多さ

いろんな曲がある中で似たようなフィルインばっかりだと、ちょっと素人っぽく聞こえてしまう。

 

グルーヴはテクニックとは別の話になってくるので外しました。

「ヘタウマ」=「テクニック的には下手だけどいいグルーヴがある人」ですし。

 

ヘタウマドラマーを探す

THE BLUE HEARTS梶原徹也

ブルーハーツのドラマー、梶くん

 

まさにロック。これ聞くと「あぁ、ブルーハーツだ」ってなります。

テンポキープは出来ないこれといって目立ったフィルインも無いでもめちゃくちゃ熱い

何よりスネアの「パァンッ!」って音がかっこよく聞こえる。心地いいです。

 

次にドラムソロ。

バスドラもずっと四分刻みだし、テクニカルなことは何もやってない

 

でもやっぱりプロは、「音」が違います。

「パァーンッ」って鳴らすとこと「ダララララ」って連打するとこのメリハリがある。

このグルーヴが多くの人を引き付けるんでしょう。

 

NUMBER GIRLアヒト・イナザワ

モタるし走る。でもバンド全体はちゃんとついてきてるし、いい意味で暴れてる。

アヒトイナザワの特徴のひとつが「手数多め、拍長めのフィルイン」なんですが、いかんせん似たようなフィルばっかりなんですよね笑。

実はちょっとずつ違ってたりするんだけど、直線的なフィルばかりだから、全部おんなじ雰囲気になっちゃう。そのフィルがかっこいいから困っちゃうんですがね。

 

変なPVに変な曲。アヒト・イナザワの変人っぷりが伺えます。

ボーカルの向井秀徳もなかなかの変態。

 

こんなのも見つけちゃいました。

 

ザ・ビートルズリンゴ・スター

これはもう伝説。言わずと知れたビートルズのドラマー、リンゴスターです。

 


笑っちゃうくらい地味なんですよ、フレーズが。

しかも他のロックバンドみたいに、「スタタタンッ!」って力強く叩くわけでもなく。あくまで軽く「テテトッ」って、なでるように優しく叩いてるんですよね。

 

しかしリンゴスターは、いまだに多くのドラマーに支持されています。

その理由がこのグルーヴ。ビートルズを下から支える、素朴で自然なサウンドとグルーヴが凄い

ついでに言うと、リンゴスターって実は左利きなんですよ。利き手でスネア、利き手じゃない方でハイハットを叩いてる。

それなのにここまでドラムができる、ってのも素晴らしいです。

 

ヘタウマでもかっこよく聞こえる理由

やっぱり、そのバンドに合った雰囲気が出せているからでしょう。

どのドラマーのバンドのサウンドにハマっている。稚拙でも一生懸命だったり、鋭く厳しかったり、逆に丸く優しかったり。

 

その証拠に、彼らが全然方向性の違うバンドで叩こうと思っても、ただの下手糞になるでしょう。

アヒト・イナザワなんか、滅茶苦茶に叩きすぎてくるりの岸田に激怒されてますし。

NUMBER GIRL向井秀徳が結成した「ZAZEN BOYS」というバンドでも、アヒトのサウンドは求められてませんでしたからね。

 

ただしヘタウマを目指して練習しない奴、おまえは下手糞だ!!

気を付けなければいけないのは、「俺はヘタウマだから~」とか言って全く練習しない人。

それはヘタウマではなくただの下手糞

 

みんな「この稚拙なサウンドでいい」と理解しているから、そのサウンドとグルーヴを極めているだけであって

基礎練習もしない、仲間とのセッションもしない、このままでいいのかどうかも考えないのはNGです。それはただの思考停止です。

 

それに、楽器で食っていくなら、テクニックは必須です。

あなたのやっているバンドがビートルズみたく大ヒット...ってのは今の時代、難しいですから。

テクニックを極めることが一番です。