初心者のためのドラム大百科

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕とドラムと音楽と

ドラム、音楽の超入門サイト。音楽CDレビュー、ミュージシャンの話、役に立つ音楽の話もしていきます。

音量バランス改善!ハイハットは小さくしろ

f:id:pump9015:20170423105819j:plain

ドラムの音量バランス、考えてますか?

 

音量バランスというのは、「こじんまりとしてるから大きめにして」とか「ボーカル目立たせいからドラム小さめ」とかではなく。

ドラムの中での、バスドラ、ハイハット、スネアなんかの音量バランスです。

 

音量バランスを考えるのは、ドラムの質を上げる最も簡単な手段と言えます。

意識ひとつでガラッと変わりますから。

 

バランスの良い音量とは

ドラムにおける良い音量バランス、それはずばり

ハイハット小さめ、バスドラ&スネア大きめ」です。

 

はい。これだけ。

f:id:pump9015:20170504120950j:plain

 

【悪い例】ハイハット > スネア、バスドラの場合

ツッ、ツッ、ツッ、ツッ ・・・

ドッ、タンッ、ドッ、タンッ・・・

 

これの良くないところは、ハイハットがリズムの中心になってしまっていること。

ツッツッを中心に、ドッ、タンッがぶら下がっている。これではかっこいいとは言い難いです。

 

【良い例】ハイハット < スネア、バスドラの場合

ツッ、ツッ、ツッ、ツッ・・・

ドッ、パァンッ!ドッ、パァンッ!・・・

 

文字だけじゃ分かりにくいかしら笑

こっちは、バスドラとスネアがリズムの中心になっている。

歯切れの良いドッ、パァンッ!があり、リズムキープ、飾りつけとしてツッツッが乗っかっている。非常に聞きやすいバランスになっています。

 

スネアとバスドラがどっちが大きい方がいい?

f:id:pump9015:20170422145736j:plain

おまけ。というか、更に掘り下げてみる。

スネアとバスドラは大きく...といっても、どっちも同じくらいの大きさでいいの?って話。

 

実際同じくらいでいいんですが、

「スネア > バスドラ」よりは

「スネア < バスドラ」の方がいいです。

なぜなら、バスドラは低音なので響きにくいからです。それに、低音が大きい方が、安定感のある、太い演奏に聞こえます。

 

まとめ。

ハイハット < スネア <= バスドラ

 

こんだけ。

近いうちにまた、「今すぐに使える演奏のコツ、意識」を紹介していきます。

 

おしまい。